身近なピアノの秘密

ピアノの概要、奏法の種類

ピアノとは、鍵を押すことによってその鍵に連動しているハンマーが弦を叩き音が出る鍵盤楽器です。
このような内部機構より、打楽器と弦楽器の特徴を併せ持った打弦楽器に分類されます。
一般的に大型であり据え付けて用いられることが多く、標準的に鍵盤は88鍵備えらていて音域が非常に広いです。
また汎用性が高い楽器であり演奏目的として使われるだけでなく、授業に用いられたり、作曲にも用いられます。
汎用性が高いがゆえに演奏技術の習得を求めらることも多く、保育士試験や、小学校の教員採用試験などでも必要とされています。
ピアノには様々な奏法が存在しています。
ヘンリー・カウエルらによって提唱されたもので、鍵盤を手・腕・肘を使って打楽器を演奏するように演奏するクラスター奏法や、ピアノの鍵盤を押すのではなく、内部の弦をギターのピックなどで直接はじいたりして、本来は出ない音色を生み出すための内部奏法などです。
また普通に鍵盤を押して演奏するのですが、一人で演奏するのではなく二人で一台のピアノを高音部と低音部に分かれて弾く、連弾というよな奏法もあります。
そして二台並べて演奏する方法も存在し、連弾よりも音量において勝り、また走者が二人とも音域に制限されないで演奏できるという利点もあります。

ピアノの指使いについて

ピアノは正しい指番号で弾くことで、滑らかな演奏ができます。
この指の動かし方を運指と言い、マスターしなければ多くの曲を上手く弾くことができません。
ドレミファソラシドの音階には8つの音があるので、右手あるいは左手のみの5本の指では足りません。
ピアノの運指は左右で少し違います。
右手は親指から順番に指を使ってドレミまで引きます。
ファは4本の指をくぐり抜ける形で親指を使います。
そして人差し指から順にソラシドを弾きます。
左手は、小指からドレミファソまで弾いたら、中指を親指のくぐらせるようにラを弾きます。
その後人差し指と親指でシドを担当します。
初心者向けの楽譜には、1・5までの番号がふられています。
親指・小指がそれぞれ1・5に対応しており、指番号に従うことで効率良く練習できます。
初心者が運指でつまずくポイントとして、利き手でない方が上手く使えないというものがあります。
多くの人が右利きなので、左手をスムーズに動かせません。
左手のトレーニングに特化した曲もありますが、左手だけを強化するよりも、一般的な曲を弾いて右手と連動しながら動かせることが理想です。
まずは左手の運指を覚えて、筋力や柔軟性を練習で身につけます。

注目サイト

お客様に支持されてリピート&紹介で売上の87.9%を達成した、大人気沖縄ダイビングショップ!

岡山 相続

無痛分娩・男女産み分けのご相談もお気軽にどうそ。

産婦人科 豊中

ハリーウィンストンのモデル一覧をご紹介しております

ハリーウィンストン 時計

メンズ脱毛専門の情報発信サイトです。

メンズ脱毛

「バイアグラ(baiagura)」の正規品を100%保証致します

バイアグラ購入

可愛い、かっこいい、おしゃれでデザイン性の高いオリジナル表札を販売しています

表札作成

渋谷 貸切パーティースペースの情報が満載

渋谷 貸切

ISBNバーコードがない古書の買取や、戦前戦後の古本買取も承ります

古本買取

最終更新日:2016/11/10